日々の出来事を楽しく綴った中国生活奮闘記メルマガ(無料)はこちらから購読可能です。
                   ↓↓↓
メルマガ購読・解除 ID: 176218
中国おもしろ珍道中
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ


中国おもしろ珍道中


★★中国赴任者/中国出張者おススメ記事★★
              ↓↓↓

  • 【知らなきゃ損する中国のクレジットカード事情】:一番レートのよい両替(人民元)はコレ!
  • 【旅行や短期滞在(出張)には保険機能のあるゴールドカード】
  • 【中国語を学ぶコツは、、、】
  • 【ニセ札チェック方法】:ニセ札が多いので必見!
  • 【ジャパンレールパス】:中国在住者必見!日本の電車が乗り放題
  • 【海外移住のための準備と心構え】:税金で損しないために!
  • 【最安値の海外格安ホテル予約サイト(AGODA)】:休日の小旅行時、安いホテルを探す方法
  • 【中国生まれの日本人の特権】:中国で出産した場合、必見!
  • 【中国人のマルチプルビザ(同伴ビザ)について】:中国人妻の日本ビザについて
  • 【部下とのコミュニケーション上達法(コーチング)】:仕事上の対人関係対策におススメ
  • 【部下とのコミュニケーション上達法(アドラー心理学)】:仕事上の対人関係対策におススメ
  • 【中国なんでも相談室】:困った時は当ブログ管理者が直接お答えします

  •    ★★初めてブログへ起こしの方へ★★
                      ↓↓↓

  • 【おススメ・ブログ記事集(中国生活おもしろ記事集)】




  •           最新ブログ記事は、ここよりスタート!
                       ↓↓↓

    ビットコインが暴落していますね。

    日本ではかなり仮想通貨投資熱が高く、そのことは世界的にも有名ですね。

    今回の暴落がいつ完全に終わるのか?

    いつ完全なる"底"を形成するのか?

    非常に関心が高いと思います。


    今回のビットコイン暴落は、何が原因なのか?

    よく言われるのは、

    1、コインチェック(日本)の580億円不正送金問題

    2、"テザー(USD連動の仮想通貨)"の米商品先物取引委員会の捜査

    3、インド財務相の仮想通貨取引の全面的禁止を連想させる発言

    4、(以前から続く)中国政府のビットコイン規制

    など

    いろいろありますが、仮想通貨に関していうと

    中国は非常に大きな影響力を持っています。


    仮想通貨のマイニングでは、世界一のシェアを持っています。

    さらに中国政府は、ICOや仮想通貨取引の規制をしたことにより

    値段にも大きく影響を与えました。


    現在、日本で仮想通貨を持っている人は、みな

    "なんで仮想通貨取引を規制するんじゃい、殺すぞ!"

    と中国政府に対してご立腹の方が多いと思いますので、

    そのへんについて私見たっぷりでご説明いたします。


    まず、今回の"テザー"についても

    中国(中国マネー)が、ものすごく絡んでいます。


    中国は、"世界の工場"ということで著しい経済成長をしてきました

    そして、経済が成長しきってしまったので、次なる政策が必要なわけです。

    その次なる政策が、"一帯一路"政策です。

    この"一帯一路"ですが、簡単に言うと

    21世紀版のシルクロードを陸と海に作りましょう! っていう政策です。


    つまり、このシルクロードを完成させるために

    鉄道などのインフラ整備が必要になる (投資と雇用が生まれる)

    完成させれば、貿易面、経済面で国家の発展に寄与する

    というわけで

    投資、貿易、経済、雇用 など 一石二~四鳥な政策なわけです。


    でも、これを行うためには莫大なお金が必要なわけで

    中国は、今まで以上に 人民元の国外流出を規制しています。


    今までは、"1口座につき年間10万元(約170万円)"

    という資金の国外持ち出し規制がありました。

    ※ じゃあ、たくさん銀行口座作ればええやん! (笑)


    しかし、前回のお話

    『マイルの貯まる中国のクレジットカードほか』

     ⇒  http://www.aandm-china.com/chineselife/2018/01/post-605.html


    にもあるように銀行口座開設に規制をかけ、非常に面倒くさくしています。

    さらに新しい政策で

    "1人につき年間10万元(約170万円)"にルールが変更になり

    1口座ではなく"1人" になりました。

    ※ だけど中国政府はそれを見つけられるのだろうか????


    そんな感じに"人民元の国外流出"を避けようと必死になっているのですが、

    そこで一番の脅威は、"仮想通貨"なわけです。


    中国人富裕層が、今回のUSD連動の"テザー"を使って

    資産を国外に持ち出そうとする動きがある中での、今回の捜査なので、

    やはり、中国も関係しているということになります。


    今のこの仮想通貨の時代、どこまで中国政府は規制しきれるかわかりませんが、

    中国政府としてもこの"一帯一路"政策を失敗させたら、

    経済低迷→国民の怒り爆発→大暴動やデモ→共産党の崩壊

    と言った最悪のシナリオにならないよう

    規制できるところは、規制しまくるでしょうね

    仮想通貨の投資を行う方でしたら、

    中国政府の動向はチェックしておいたほうがよさそうです。


    今回は仮想通貨暴落と中国政府の規制に関するお話でした。

    かなり時間がたってしまいましたが、

    日本の冬休みを利用して、妻子がシンセンに遊びに来ており

    年末は、マレーシアのクアラルンプール郊外で

    まったり南国・家族旅行を楽しんでいました。

    理由は簡単なのですが、

    ・私の住むシンセンがたまに10℃以下になる極寒であったこと

    ・娘たちはプールで遊ぶのが大好きなこと

    ということで、冬でもプールで遊びたいな~ということで

    マレーシアでのまったり南国・家族旅行にしました。


    娘たちは、日差しの強い昼間でも部屋のプールで遊んでいるので

    冬なのに、ガッツリ日焼けして帰国しました。

    ※ 今回は、各部屋にプライベートプールがついている

      ホテルに泊まりました。 (高かった。。。 悲)


    そして次は、数年来ぶりの東京およびその近郊の大雪!

    娘たちはプールでガッツリ遊んで1か月もたたないうちに

    次は雪だるまを作って雪で遊んでました。

    日本で初めての本格的な雪で、いい思い出が作れたかな?


    しかし、プールの次は雪だなんて。。。

    私が子供の頃は、そんなリッチな生活、想像もできなかったな~

    ちょっと娘たちがうらやましい今日この頃です。


    ちなみに今年2018年の旧正月(元日は2/16になります)休暇は、

    2/14のバレンタインデーに日本帰国予定です!

    463(8).jpg

    ホテルのプールにてその1

    463(9).jpg

    ホテルのプールにてその2

    463(10).jpg

    ホテルのプールにてその3

    463(7).jpg

    ホテルの部屋の中から海が見えます

    463(6).jpg

    ホテルの部屋の中にプライベートプールがあります。

    463(5).jpg

    そこでも遊ぶ。。。

    463(4).jpg

    ホテルのそばの屋台街もお世話になりました!

    463(3).jpg

    夜はホテルの最上階でこの夜景を見ながら。。。

    463(2).jpg 

    この人らの演奏を聴きながらビール。

    463(1).jpg

    おまけ、KL名物ツインタワーでアホ写真!

     

    中国では昔からですが、

    海外で発行したクレジットカードが使えないことが多く、

    中国国内で発行したクレジットカードしか使えない事が多いです。


    さらに私は、マイレージを貯めてタダで飛行機に乗るのが好きなので

    ちょっとしたスーパーでの買い物でも

    できる限りクレジットカードを使う。

    そしてその使うカードは、

    ポイントがマイルにできるカードを好んで選びます。


    今までは、マイルの貯まる中国国内のクレジットカードは

    2つありました。

    しかし、現在は1つだけです。。。(悲)

    ※ ここでの話は、日系航空会社のマイレージカードの事です。

      別途、中国南方航空などのマイレージ機能付きクレジットカードもあります


    今まで、私は

    "招商銀行・ANAマイレージのクレジットカード"

    を使っていましたが、2018年1月8日 でサービスが終了してしまい

    現在では、

    "上海浦発銀行・JALマイレージのクレジットカード"

    のみが中国国内発行のマイレージを貯めることができる

    唯一のクレジットカードになってしまいました。


    そこで早速私は最近クレジットカードを発行しましたが、

    今までと違う点があったので、情報をシェアしたいと思います。

     

    簡単に言うと

    "昔と違い外国人に対してカード発行や銀行口座開設が難しくなった"

    ということです。


    さらにいまだに中国らしいといえば中国らしいのですが、

    私が発行した時と私の友達が最近発行した時では全然違いました。

    (開設する場所によって全然解釈が違っていました)


    まず、必要書類について

    (私のお友達がJAL広州支店に問い合わせた)

    1、申込用紙(銀行支店かHPで入手可能)

    2、パスポートコピー

    3、居留許可コピー

    4、就業許可書コピー

    5、労働契約書(在職証明でも可、雇用期間と年収を記載)

    6、賃貸契約書

    7、公共料金(大家名義も可 領収書2か月分)

    8、所得税納税証明書3か月分

    9、日本と中国それぞれの親族の連絡先

    これらの書類が必要とのことでしたが、

    私の時は、ここまでたくさん揃えませんでした。


    4,5に関しては、労働契約書(年収記載なし)でOKでした。

    (年収に関しては口頭で答えただけ)

    6、7の住所を証明する関係は、"農民房(違法建築の家)に住んでいるので

    揃えることができないと言って、

    私宛に来た普通の手紙を見せたくらいでした。

    7の納税証明に関しても、ないけど労働ビザがあると言って

    パスポートにあるZビザを見せたくらいで大丈夫でした。

    あ、でもパスポートの顔写真のページを開きながら本人の写真とか

    撮られたりしていたので、上記の要求以外の事もしてたか。。。


    そして、私及び私の友達の発行可否についてですが、、、


    【私の場合】

    私の情報:

    ・中国在住18年の日本人

    ・現在の就職先との契約書の期間は無期限
     (在職10年目)

    ・揃えた書類は、上記参照

    【判定】

    発行可!

    約2か月弱でカードを受け取りました。

     

    【友達Aの場合】

    友達Aさんの情報:

    ・中国在住10数年の日本人

    ・現在の就職先に在職10年以上(契約期間は??)

    ・揃えた書類は、上記参照

    【判定】

    発行可!

    ちょうど3か月たってからカードを受け取りました。

     

    【友達Bの場合】

    友達Bさんの情報:

    ・中国在住10数年の日本人

    ・現在の就職先に在職10年以上(契約期間は??)


    上海浦発銀行(南山区のとある支店)にて手続き

    窓口の方に言われたことは、

    ・外国人のカード発行は頭取決済が必要なので時間がかかる

    ・上海浦発銀行口座に600万人民元(約1億円)の預金がないと発行不可


    【判定】

    カード発行断念!

    しかし別の支店で再チャレンジし、発行できたとのことです。

    ※ ちょっと上記の条件は厳しすぎるので、
     
      面倒な客(外国人)をあしらいたいためのウソかも。。。

        ↑ 
      このこと。 日本では考えられませんが、
      中国在住中級クラスくらいになると"あるある"と思うはず。

     

    【友達Cの場合】

    友達Cさんの情報:

    ・中国に赴任したばかり(来て1か月)の日本人

    ・会社との契約書の期間は1年


    【判定】

     却下(クレジットカード発行できず)

    ※ 以前であれば、この条件でも発行は可能でしたが現在は無理です。

     

    まとめると

    ウソつかれたり(?)面倒な要求はありますが、ざっくり言うと、

    中国在住、在職歴が長くてそれなりに書類が揃えられればOKってことですね。

    しかし、私の場合実を言うとカード発行後に問題がありました。


    発行したクレジットカードの自動引き落としをするための

    銀行口座ですが、銀行員の話では

    "上海浦発銀行の口座でなくても本人名義の口座であればOK"

    という話だったので、電話で他行の口座で引き落としできるよう

    申し込んだのですが、翌日"自動引き落とし口座として登録不可"

    と連絡がありました。


    理由について銀行窓口の銀行員に聞いてみると

    中国人であれば、他行口座でも問題ないのですが、

    外国人の場合は、上海浦発銀行の口座でないと自動引き落としできない

    という回答でした。

    (ルールが変わって厳しくなったとのこと)


    そこで、次に私は上海浦発銀行の口座を新規開設しようと思ったので、

    確認してみました。

    銀行口座開設には、、、

    ・パスポートコピー

    ・労働契約書(在職証明でも可、雇用期間と年収を記載)

    ・賃貸契約書

    ・公共料金(大家名義も可 領収書2か月分)

    が必要!

    とまた面倒くさいことを要求してきたので

    自動引き落とし以外に、簡単に請求額を払う方法はないか?

    と尋ねたところ

    "スマホで自分のクレジットカード番号に向けて送金すればOK"

    (つまり銀行振込です)

    というので、方法を教えてもらったら

    普通の銀行振込と同じなので、面倒な銀行口座開設を断念し

    請求日前に毎月、銀行振込することにしました。

     

    昔の中国といえば、

    "金持ちの外国人は、いつでもウェルカム!"

    って感じの雰囲気でしたが、今では、

    "中国人の職などを保護するため、無駄な外国人は出ていけ!"

    って感じの雰囲気に変わってしまったと思う外国人は

    私以外にいるのではないでしょうか??


    今回はマイルの貯まる中国のクレジットカードと

    2018年中国の銀行事情に関するお話でした。


     



    ★★中国赴任者/中国出張者おススメ記事★★
                   ↓↓↓

  • 【知らなきゃ損する中国のクレジットカード事情】:一番レートのよい両替(人民元)はコレ!
  • 【旅行や短期滞在(出張)には保険機能のあるゴールドカード】
  • 【中国語を学ぶコツは、、、】
  • 【ニセ札チェック方法】:ニセ札が多いので必見!
  • 【ジャパンレールパス】:中国在住者必見!日本の電車が乗り放題
  • 【海外移住のための準備と心構え】:税金で損しないために!
  • 【最安値の海外格安ホテル予約サイト(AGODA)】:休日の小旅行時、安いホテルを探す方法
  • 【中国生まれの日本人の特権】:中国で出産した場合、必見!
  • 【中国人のマルチプルビザ(同伴ビザ)について】:中国人妻の日本ビザについて
  • 【部下とのコミュニケーション上達法(コーチング)】:仕事上の対人関係対策におススメ
  • 【部下とのコミュニケーション上達法(アドラー心理学)】:仕事上の対人関係対策におススメ
  • 【中国なんでも相談室】:困った時は当ブログ管理者が直接お答えします

  •     ★★初めてブログへ起こしの方へ★★
                   ↓↓↓

  • 【おススメ・ブログ記事集(中国生活おもしろ記事集)】



  • 【メインページ】へ戻る

    アーカイブ
    ブログランキングに参加してます
    クリックよろしくお願いします。
         ↓↓↓
    中国生活おもしろ珍道中

    にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
    にほんブログ村

    552.jpg
    プロフィール

    ニックネーム:ぶるー3(すりー)
    住まい:
     ・中国広東省シンセン市
     (かなり普通じゃないかな?)

    お仕事(収入源) 
     ・中国の日系企業で働いてます

    趣味(好きなこと) 
     ・おしゃべり
     (日本語、英語、中国語OK)
     ・海外旅行
     ・映画鑑賞
     ・食べること
     ・テコンドー
     ・愛娘と遊ぶ

    かなり普通じゃない日本人です。

    人気ブログランキング


    Special Thanks
    しょうがっこうをおくる会

    【鈴木正行の在宅中国貿易】

    【リンク集(中国編)】

    【リンク集(アジア編)】

    【リンク集(ヨーロッパ編)】

    ブログ管理者サイト
    【無料情報を紹介してネット初心者でも簡単に報酬を得る方法】

    【酒田五法】

    【中国赴任・中国出張で準備すべきこと/注意点まとめ】

      『中国旅行や短期滞在(出張)する方の裏ワザ』
       


      『在宅中国貿易 完結編』
       
            ↓↓↓
     【在宅中国貿易 完結編の説明】


    最安値海外格安ホテル予約サイト 
            ↓↓↓
       【AGODA】

       【AGODA詳細説明】


      【中国語マスターの極意】
       chinese.jpg
            ↓↓↓
     【中国語マスター極意の説明】


    最近のコメント