日々の出来事を楽しく綴った中国生活奮闘記メルマガ(無料)はこちらから購読可能です。
                   ↓↓↓
メルマガ購読・解除 ID: 176218
中国おもしろ珍道中
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

ブログ管理者ぶるー3の作成した無料レポートです。
読者からの質問や、要望の多かったものをレポートにしました。
興味のある方は、下記をクリック!
【中国で就職する方法】
【中国ビザについて】






★★中国赴任者/中国出張者おススメ記事★★
              ↓↓↓

  • 【知らなきゃ損する中国のクレジットカード事情】:一番レートのよい両替(人民元)はコレ!
  • 【旅行や短期滞在(出張)には保険機能のあるゴールドカード】
  • 【中国語を学ぶコツは、、、】
  • 【ニセ札チェック方法】:ニセ札が多いので必見!
  • 【ジャパンレールパス】:中国在住者必見!日本の電車が乗り放題
  • 【海外移住のための準備と心構え】:税金で損しないために!
  • 【最安値の海外格安ホテル予約サイト(AGODA)】:休日の小旅行時、安いホテルを探す方法
  • 【中国生まれの日本人の特権】:中国で出産した場合、必見!
  • 【中国人のマルチプルビザ(同伴ビザ)について】:中国人妻の日本ビザについて
  • 【部下とのコミュニケーション上達法(アドラー心理学)】:仕事上の対人関係対策におススメ
  • 【中国なんでも相談室】:困った時は当ブログ管理者が直接お答えします

  •    ★★初めてブログへ起こしの方へ★★
                      ↓↓↓

  • 【おススメ・ブログ記事集(中国生活おもしろ記事集)】






  • 中国の今と昔/中国の発展の最近のブログ記事

    中国の床屋最前線!

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    先日、シンセンで髪を切ったのですが、びっくりしましたので、

    シンセンの床屋事情最前線をシェアしたいと思います。


    IT産業が盛んで、アジア最大のユニコーン企業発祥の地

    大前研一さんも"中国のシリコンバレー"と呼ぶここシンセン!

    日本でも話題になっているかどうかわかりませんが、

    レンタル自転車や無人コンビニなど有名ですが、

    床屋もものすごく進んでいました。


    まず、店に入ると初めての来店かどうかを質問された。

    初めてだったので、"はじめてです!"と答えると

    まず、微信(Wechat)で店のQRコードを読みます。

    そして登録した後、髪を切る技師を選びます。

    次回からは、店に来なくても現在技師に何人客がついているかがわかります。

    そして、店に来る前に事前予約をすることになります。


    このお店では、シャンプーはなく、即髪を切って掃除機みたいなので毛を取る

    日本の1000円カットの店みたいなのですが、

    無料のコーヒーが出てきて、コーヒーを飲みながらの散髪です。

    そして、髪を切った後は、写真撮影!

    今回どんなふうに髪を切ったか履歴を残しておくそうです。

    次回はその履歴を参考に切ったりするそうです。

    そして、最後は支払ですが当然 微信支付(Wechat pay)による電子決済。


    何もかもスマホ一つで予約から支払いまで全てを済ませることができ

    写真撮られて履歴を残すところまでやってもらっちゃうと、

    リピーターにならざるを得ないような心境に追い込まれます。

    ビジネス的にはうまくリピーター確保するよい手だと思います。

    この店、チェーン店化していたので、いつの日か日本で見ることもあるかも??


    さて気になる料金ですが、38元(約700円弱)でした。

    今までシャンプー付きで30元(約500円強)だったので、少し高いですが

    シャンプーなしでも、コーヒーが出て、履歴も残してくれる。

    まあ満足と言った感じでした。

    床屋を出て、"うーん、シンセンは進んでるな~"と思ったさなか、

    若いお母さんが、昔ながらの"穴あきズボン"の小さな子供の足を持ち、

    M字開脚させておしっこを路上でさせているのを見て、

    この新旧入り乱れているのが中国の面白さ!

    と思った次第でした。 笑


    今回は最先端の中国床屋事情に関するお話でした。

    ものすごく、久しぶりの更新になりますので、

    重大な事を告白したいと思います。


    実を言うと、私は現在中国シンセンにてプチ独身状態にあります。

    どういう事かと言うと、

    現在、我が家は

    妻子・・・ 日本に移住

    私・・・・ 中国で一人暮らし

    つまり

    中国人の妻を 日本に住み

    日本人の私が 中国に住む


    現在では、私のような"逆単身赴任"という

    形もあまり不思議ではなくなってきました。


    なぜかというと

    私の住む、シンセン市は世界的に

    "中国のシリコンバレー"などと言われるほどの

    ビジネス最先端の都市になりました。

    それだけあって、生活費、特に家賃などが

    日本の水準を上回る情況です。

    さらに我が家の場合は、私立のバイリンガルスクールに

    娘たちを通わせていたので、月の出費は莫大なものでした


    その点、日本では

    義務教育で学費は無料。

    家賃もシンセンほど高くない。

    つまり、生活費が

    シンセン > 日本 

    という事なのです。


    この状態で私の妻は、中国人なので

    "自分の家が欲しい!"という願望が

    日本人のそれよりも何十倍もあるのです。


    でも中国特にシンセンの不動産価格は、

    1平米10万元(約160万円)

    なんてのもゴロゴロしている超バブリー状態


    大した事ない欠陥住宅が平気で1億円くらいします。


    現在シンセンで不動産を購入するには

    かなりリッチな人でないと現実的に買えない情況であるため

    日本移住を決断しました。


    これも私が、日本に戻れば一家日本に住んで

    すんなり収まるのですが、

    現在の不景気の日本、就職も困難でしょうし

    仮に就職できたとしても、確実に現在の私の給料ほど

    もらえる保証はありません。

    (逆に給料は安くなるでしょうね。。。)


    ・生活費

    ・収入

    などの事も考慮すると

    現在の逆単身赴任が一番我が家にとってメリットがあると

    判断しました。

    今年の旧正月より少し前 つまり1月からこの状態を

    続けております。


    この新しい"逆単身赴任"な生活について

    これからはいろいろな情報をシェアしていきますので、

    次回の記事もお楽しみくださいね!


    今回は逆単身赴任という新しい形に関するお話でした。

    前回のお話で


    微信支付(Wechatペイ)のお話をしました。

    参考記事

    → 『8歳の大酒飲み? (微信支付(Wechatペイ)の話)』


    前回の話は、微信支付(Wechatペイ)を用いて

    大手ネットショップ"京東(チントン)"で

    サントリーウィスキーを格安で買った話ですが、それ以外に

    この"微信支付(Wechatペイ)"を使えるようになって

    私の生活が大きく変わったので、そのお話です。


    日本のTVでも報道されておりますが、

    中国の"自転車レンタルサービス"です!

    微信支付(Wechatペイ)を使えるようになると

    これが使えるようになります。

     

    452(1).JPG

    レンタルできるのは、こんな感じの自転車です。


    このサービスは、本当にすごいです。

    他の都市でも基本同じ仕組みだと思いますが、

    私の住むシンセン市の場合は、以下の通りです。


    【自転車レンタルサービスの流れ】

    1、レンタルできる自転車を見つけたら、

      自転車についているQRコードをスマホでスキャン

    452(2).JPG

    これが、QRコードです。

     

    2、スキャンが完了すると自転車のカギのロックが解除され

      自転車に乗れるようになります。

    3、自転車を乗り終えたら、カギをロックする。

      (乗った分だけ料金が請求されます)

    とこれだけです。


    ※このサービスを利用するには、

     ・決済システムである微信支付を使えるようにしておくこと

     ・自転車レンタルサービス会社のアプリをインストールし

      デポジットを払ってサービスを使えるようにしておくこと

     が利用の条件になります。


    このレンタル料は非常に安く

    会社にも寄りますが、

    ・30分毎 0.1元(約2円弱)~0.5元(約8円)

    ・1時間毎 1.0元(約17円)

    という上記2つが一般的な料金です。


    相当自転車にこだわりのある人ならば、

    マイ自転車でないと気がすまないと思いますが、

    私のように別にこだわりのない人にとってみると

    この自転車レンタルサービスは非常に便利です。


    "歩きだと時間に遅れそう" とか

    "バスに乗るには少し近すぎるな"

    などと言った情況で自転車が必要な時、

    周りをキョロキョロしてレンタル自転車があったら、

    スキャンして自転車に乗る。

    行きたいところに着いたら、自転車のカギをロックして

    その場に自転車を放置しておけばOK。

    つまり乗り捨てておけばいいわけです。


    ものすごい台数のレンタル自転車があるため

    大抵何台かの自転車を見つけることができます。

    (業者が時折、変な場所に放置された自転車を回収して

     人が使いそうな場所に並べておいてくれます)

     

    さらにこの自転車レンタルサービス!

    奥さんから教えてもらった裏技ですが、

    自分が自転車に乗った後(カギをロックした後)

    "この自転車に乗りました!"ということを

    微信などで友達にシェアするとボーナスポイントのようなものを

    もらえるため、私の奥さんは毎回それをやっているため

    そのポイントだけで自転車に乗っているので

    レンタル代は、実質無料です。

    (そのシェアする人は同じ人でもいいので、毎回私に

     メッセージが送られてきます。 笑)


    昔中国といえば、

    朝もやの中自転車で多くの人が通勤する姿が

    有名でした。

    しかし、私が中国に来て、実際は全然違う。

    車がバンバン走る近代化した中国にびっくりしましたが

    最近の中国は、今回の"自転車レンタルサービス"の普及で

    昔のような自転車通勤の人が逆に増えてきました。

    健康的だし、自転車っていいですよね。

    452(3).JPG

    自転車王国・中国の復活か?


    ここまでなら日本の報道でもわかる情報ですよね。

    さらに深読みですが、

    私には大きな疑問がありました。

    この自転車レンタルサービスをやっている会社は

    儲けがあるのだろうか??という疑問です。

    ・大量のレンタル用自転車を準備しなければならない

    ・変な場所に放置された自転車の回収作業

    ・故障した自転車の修理やメンテナンス

    など初期費用や維持費が結構かかるはずなのに

    1元/時間 なんて安いレンタル料でやっていけるのか?

    という疑問ですが、それを妻に質問してみたところ

    "当然、利益あるでしょ!"との回答でした


    この自転車レンタルサービスに申し込む際、

    デポジットを入れなければなりません。

    会社によってまちまちですが、

    安いところで 100元

    高いところでも 300元

    くらいです。


    現在シンセンには、1400万人以上の人口がいます。

    仮に人口の1%の人が登録しても

    最低でも1400万元の資金が集まります。

    この資金で金融商品を運用したり、貸し出したりすれば

    十分な利益が得れるという事です。


    ※シンセンの人口が1400万人。 登録者が1%

     この両方とも少なく見積もっていますので、

     実際は、もっと多いと思います。

     
    大量のお金が集まるだけで、商売になる!

    さすが商売上手の中国人ですね。


    そして現在、この自転車レンタルサービスをする会社が

    ドンドン増えています。

    私は、現在2つの会社に登録していますが、便利ですよ

    1、Mobike →最大手で自転車台数が一番多い

      (デポジット 399元 レンタル代 1.0元/時間)

    2、Blue gogo →後発だが、自転車の乗り心地がよく安い!

      (デポジット 99元 レンタル代 0.5元/30分)


    もし、シンセン市にお住まいでしたら、

    この自転車レンタルサービスはかなり使えますので

    おススメです!


    今回は"自転車レンタルサービス"に関するお話でした。


     

    【メインページ】へ戻る






    ★★中国赴任者/中国出張者おススメ記事★★
                  ↓↓↓

  • 【知らなきゃ損する中国のクレジットカード事情】:一番レートのよい両替(人民元)はコレ!
  • 【旅行や短期滞在(出張)には保険機能のあるゴールドカード】
  • 【中国語を学ぶコツは、、、】
  • 【ニセ札チェック方法】:ニセ札が多いので必見!
  • 【ジャパンレールパス】:中国在住者必見!日本の電車が乗り放題
  • 【海外移住のための準備と心構え】:税金で損しないために!
  • 【最安値の海外格安ホテル予約サイト(AGODA)】:休日の小旅行時、安いホテルを探す方法
  • 【中国生まれの日本人の特権】:中国で出産した場合、必見!
  • 【中国人のマルチプルビザ(同伴ビザ)について】:中国人妻の日本ビザについて
  • 【部下とのコミュニケーション上達法(アドラー心理学)】:仕事上の対人関係対策におススメ
  • 【中国なんでも相談室】:困った時は当ブログ管理者が直接お答えします

  •    ★★初めてブログへ起こしの方へ★★
                      ↓↓↓

  • 【おススメ・ブログ記事集(中国生活おもしろ記事集)】






  • ブログランキングに参加してます
    クリックよろしくお願いします。
         ↓↓↓
    中国生活おもしろ珍道中

    にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
    にほんブログ村

    552.jpg
    プロフィール

    ニックネーム:ぶるー3(すりー)
    住まい:
     ・中国広東省シンセン市
     (かなり普通じゃないかな?)

    お仕事(収入源) 
     ・中国の日系企業で働いてます

    趣味(好きなこと) 
     ・おしゃべり
     (日本語、英語、中国語OK)
     ・海外旅行
     ・映画鑑賞
     ・食べること
     ・テコンドー
     ・愛娘と遊ぶ

    かなり普通じゃない日本人です。

    人気ブログランキング


    Special Thanks
    しょうがっこうをおくる会

    【鈴木正行の在宅中国貿易】

    【リンク集(中国編)】

    【リンク集(アジア編)】

    【リンク集(ヨーロッパ編)】

    ブログ管理者サイト
    【無料情報を紹介してネット初心者でも簡単に報酬を得る方法】

    【酒田五法】

    【中国赴任・中国出張で準備すべきこと/注意点まとめ】

      『中国旅行や短期滞在(出張)する方の裏ワザ』
       


      『在宅中国貿易 完結編』
       
            ↓↓↓
     【在宅中国貿易 完結編の説明】


    最安値海外格安ホテル予約サイト 
            ↓↓↓
       【AGODA】

       【AGODA詳細説明】


      【中国語マスターの極意】
       chinese.jpg
            ↓↓↓
     【中国語マスター極意の説明】


    最近のコメント