日々の出来事を楽しく綴った中国生活奮闘記メルマガ(無料)はこちらから購読可能です。
                   ↓↓↓
メルマガ購読・解除 ID: 176218
中国おもしろ珍道中
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

ブログ管理者ぶるー3の作成した無料レポートです。
読者からの質問や、要望の多かったものをレポートにしました。
興味のある方は、下記をクリック!
【中国で就職する方法】
【中国ビザについて】






★★中国赴任者/中国出張者おススメ記事★★
              ↓↓↓

  • 【知らなきゃ損する中国のクレジットカード事情】:一番レートのよい両替(人民元)はコレ!
  • 【旅行や短期滞在(出張)には保険機能のあるゴールドカード】
  • 【中国語を学ぶコツは、、、】
  • 【ニセ札チェック方法】:ニセ札が多いので必見!
  • 【ジャパンレールパス】:中国在住者必見!日本の電車が乗り放題
  • 【海外移住のための準備と心構え】:税金で損しないために!
  • 【最安値の海外格安ホテル予約サイト(AGODA)】:休日の小旅行時、安いホテルを探す方法
  • 【中国生まれの日本人の特権】:中国で出産した場合、必見!
  • 【中国人のマルチプルビザ(同伴ビザ)について】:中国人妻の日本ビザについて
  • 【部下とのコミュニケーション上達法(コーチング)】:仕事上の対人関係対策におススメ
  • 【部下とのコミュニケーション上達法(アドラー心理学)】:仕事上の対人関係対策におススメ
  • 【中国なんでも相談室】:困った時は当ブログ管理者が直接お答えします

  •    ★★初めてブログへ起こしの方へ★★
                      ↓↓↓

  • 【おススメ・ブログ記事集(中国生活おもしろ記事集)】






  • 読者からのお便りの最近のブログ記事

    メルマガ読者のS様から戴いたメールです。

    "レコードチャイナ"というサイト? からの引用になります。

    この記事を読んで、どうお感じになられますか??


     (ここから)


    2014年1月8日、中国のゆがんだ愛国主義教育が、

    純粋な子供の心をねじ曲げてしまったことを如実に示すエピソードを、

    中国人ユーザー、軍事関連ネット掲示板・米尓社区に投稿した。

    以下はその内容。

     

    日本人男性と結婚した従姉が、夫と彼の親戚の男の子を連れて中国に里帰りした。

    男の子は俊夫という名の小学校1年生。

    見知らぬ国で言葉の通じない人々に囲まれて、とても緊張している様子だったが、

    一生懸命カタコトの中国語で私たちに挨拶し、深々とお辞儀をした。

    その姿がとても愛らしく、私たちはいっぺんで俊夫のことが大好きになった。


    だが、その従姉の一番上の姉の子、小学3年生の鵬鵬(ポンポン)だけは違った。

    最初から敵意むき出しの顔で俊夫をにらみつけ、

    こぶしを振り上げると「打倒小日本(ちっぽけな日本をやっつけろ)!」と叫んだのだ。

    これには俊夫も周りの大人もビックリ。

    鵬鵬の父親が彼を叱ると、


    「だって、日本人は中国人の敵じゃないか!学校の先生もそう言ってたもん。

     パパたちは中国を愛してないんだ!」と言って泣き出した。

    そこで、「先生が言っているのは歴史だ。今は日本と仲良くしなきゃ。

     それに俊夫は私たちの大切なお客さんなんだから」と言い聞かせると、

    「じゃあ、パパやママはなぜ毎日、日本が中国の土地を奪ったから

     日本製品をボイコットするなんて言ってるんだよ?

     学校で見せられた教育アニメでも、日本帝国主義を打倒しろって言ってたよ!」

    と反論した。


    幸いなことに、中国語の分からない俊夫に鵬鵬と父親の会話の中身を

    知られることはなかった。


    俊夫は本当にいい子で、自分でできることは自分で全部する。

    礼儀正しく、大人を敬い、食事の際は全員が箸をとり、

    従姉が日本語で「いただきます」と言ってから、自分の箸をとる。

    それに比べて、鵬鵬はどうだ。

    部屋は汚い。自分では何もしない。

    食事は当然のように自分が好きな料理を一人占めし、

    彼を溺愛する大人たちもわざわざ好物を取り分けてやる。


    私たちは「鵬鵬が俊夫みたいだったらいいのに」と心から思ったものだ。


    そんな鵬鵬もだんだん俊夫に打ち解け、2人で遊ぶことも多くなった。

    お互いに日本語や中国を教え合っている姿を見て、

    「やっぱり、子供は子供同士だ」と安心した。


    最後の晩、従姉とその夫は買い物に出かけていて、

    私たちはみんなでテレビを見ていた。

    そこへ鵬鵬が得意げな顔で俊夫を連れてきて

    「俊夫がみんなに言いたいことがあるって」と言った。

    俊夫は顔を赤くしながら恥ずかしそうにほほ笑んで、

    たどたどしい中国語でこう言った。


    「僕は死んで当然の日本人です。僕は中国人に謝ります」


    俊夫のこの言葉にその場の大人たちは全員凍りついた。

    鵬鵬の父親はすぐさま彼をトイレに引きずって行き、

    中から「パン!」と引っぱたく大きな音が聞こえた。

    真相はこうだ。

    鵬鵬は俊夫に「みんなが喜ぶ言葉がある」とだまして、

    あの言葉を覚えさせたのだ。


    こんな小さな子供がここまで日本を憎むとは、あまりにもおかしい。

    鵬鵬の愛国観はすでにゆがんでしまっている。

    善良で純粋で友好的な日本の子供を前にして、

    中国の子供がどれほど恐ろしい敵意と憎しみを日本に抱いているかを

    私たちは思い知らされた。

    中国の愛国教育はもっと客観的で冷静であるべきではないのか。


    (ここまで)


    非常にショッキングな内容だと思います。

    今回の例は、かなり極端な例だと思いますが、

    中国で反日教育があるのは確かなことだし、

    テレビのチャンネルをひねれば必ず戦争時代をテーマにしたドラマを

    見ることができます。


    ドラマでは決まって悪役は日本人兵で、みんな加藤茶みたいなチョビ髭を

    生やしています。 (カトちゃん、ぺ~)


    多くの中国人は、やさしくてよい人が多いと思いますが、

    多かれ少なかれ学校では反日教育を受けた人たちなんだ

    ということは、日本人として認識しておかなければならないことだと思います。


    間接的に聞いたのですが、中国の学校の先生は

    "南京段虐殺などで日本は中国人を殺戮した"などの事実に対し

    "残酷に"の部分を特に強調して教育するよう、

    日本で言う文部省みたいなところから指導を受けているそうです。


    とはいえ、中国の学校は、学校によって先生のレベルもまちまちなので

    全ての中国人が同じような反日教育を受けたのでなく

    人によっては、がっつり反日教育

    人によっては、比較的さらりと反日教育

    のように、かなりのバラツキがあると思います。

    ※上記の鵬鵬(ポンポン)くんは、"がっつり反日教育"のタイプだったと思われます。

     

    あと、目的あって反日教育しているのだから

    なかなか治すことはできないでしょうね。。。


    でも個人的には、"愛国"なのであれば、

    "反日"に力入れるより、

    ・列に並ぶ、 

    ・ゴミはゴミ箱へ

    ・痰を吐き捨てない

    とか、そっちにもっと力を入れてくれればいいのに~

    と強く思います。


    今回は、中国のゆがんだ愛国主義教育に関するお話でしたとさ

     

    ※このメルマガの連動ブログは、
     人気ブログランキングに参加しております。
     もし今回の話が面白かったら
     清き一票(クリック)をお願いいたします。
            ↓↓↓
    http://blog.with2.net/link.php?540744

     

    日本を再起させよう!

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    今回は結構まじめな話です!

    前回の中国領土圏問題のお話に対し
    メルマガ読者の方々からコメントをもらいました。

    その中の1つSKさんのコメントを一部紹介します。


    (ここから)
    > 南洋諸島のこと・・・私の子供時代、日本は大国でした。
    第一次世界大戦で連合軍についたので、連合軍の勝利によって、
    グアム・サイパン・南洋諸島が、日本の統治に入りました。  

    南の諸島にいたドイツ軍の捕虜が、日本の徳島県収容所に連れてこられ、
    その捕虜達から、パンの作り方、西洋楽器の演奏を教えられ、
    捕虜たちが、日本で初めて「、ベートーベンの第九交響曲」の演奏を
    徳島でしました。   

    私の子供時代の日本の地図は、

    日本、南樺太、千島列島全部、朝鮮、台湾、グアム、サイパン、南洋諸島、が、
    赤く塗られ日本の領土。 

    満州、大連等は、橙色の準日本領土を示していました。 

    子供の絵本には、中国の面白い風俗が、紹介され、興味深くよみました。 
    纏足したオバーサン。
    沢山つながった凧。
    チャイナ・ドレス姿。
    そして、人攫い、人身売買、など
    魔窟の無法都市のとても怖いイメージもありました。

    「支那の街のシナの子。親の無い子は、可哀想、売られて行きます上海へ」
    などの歌が、ラジオで、ながれていました。

    南洋諸島も、懐かしい所です。。。。
    「私のラバさん、南洋じゃ、美人。椰子の木陰で、テクテク踊る」
    などと言う唄がラジオから流れ・・

    (ここまで)


    時代ですね。 SKさんありがとうございました!


    日本の侵略戦争を美化するつもりはまったくありません。
    ただ、当時は"戦争"(他国の人を殺し他国の領土を奪う)で
    がんばっていかねばならない時代。

    良いことではなかったのですが、言えることは

    "日本人は国のためにがんばっていた"

     

    私が中国に来た10数年前。
    歴史的な問題がある日本-中国ですが、
    中国には、

    日本車がバンバン走り
    日本の歌(香港の日本語カバー曲も含め)も聞く機会が多く
    電化製品は"高いけど品質が良い!"と日本製のものを買う
    子供たちはみんな日本のアニメを見て育つ

    日本に住む日本人にはわかりづらいかもしれませんが、
    中国いや世界の国々はものすごく日本の影響を受けて、
    日本関連のものを見ない日はありませんでした。

    しかし、10年以上たった今。
    日本の勢いは明らかに低下しています。
    その分勢いを感じるのは、韓国です。

    携帯電話は、完全に韓国にシェアを取られ
    "日韓コーナー"※ では以前は日本と韓国の物が50%ずつくらい
    だったのが、日本のものが気持ち10%くらいしか置かれなくなり
    テレビ売り場では、テレビに流されるビデオは
    韓国アイドルのものばかり
    (かわいいから別にいいんだけどね~)

    ※日韓コーナー:中国ではよく日本と韓国を一くくりにすることが多い


    中国に住む日本人として、物悲しさを強く感じます。


    日本の国外(中国)から見て明らかに

    "日本は勢いや元気が低下してきています"


    円高、日本経済低迷、物価高、などなど
    生活はドンドン厳しくなっていくので、ストレスが溜まり
    元気はドンドン低下するのも無理はないとも思います。

    日本の政府がいけない!
    日本の政治家がダメなんだ!

    など口々に責任は自分以外のところにあると
    みんなは言いますが。。。

    日本を支えているのは、一人ひとりの日本人個人です。
    (日本人が集まって日本を形成しています。)

    そして
    "日本人が何か労働する⇒日本の発展/再起に貢献している"

    全ての日本人は、どんな仕事をしていても
    日本に貢献しているのです。


    例えば、日本の清掃員!(会社の掃除のおばちゃん)

     清掃員が笑顔で一生懸命働く
           ↓
     その会社で働く人たちが気持ちよく働ける
     従業員のやる気が出るきっかけ作り
           ↓
      その会社が業績アップ!
           ↓
         日本に貢献
           ↓
     世界を変えることにもつながる!


    掃除のおばさんのやる気、がんばりが
    "世界を変える!"事にまで貢献するのです。


    このように志の高い日本人が増殖すれば、
    日本は必ず再起します!

    みんなで日本を再起させよう! おー!

    私もこのバカ話を連ねたメルマガ及びブログが
    そのような良い連鎖反応のきっかけつくりになれたら
    幸いだと思っています。

    今回は、日本再起に関するお話でしたとさ

     

    メルマガ読者KYさんからのメールをご紹介。

    前回の記事でご紹介した中国の鉄道アニメ『高鉄侠』ですが、
    日本のアニメ『超特急ヒカリアン』 のパクリだそうです。

    (知らなかった。。。)

    アニメの放送日は事故とほぼ同時期なのですが、
    放送前の準備期間を考えると、事故よりだいぶ前に
    企画されたものとのことです。

    KYさん、ためになる情報をありがとうございました!

     

     

    【メインページ】へ戻る






    ★★中国赴任者/中国出張者おススメ記事★★
                  ↓↓↓

  • 【知らなきゃ損する中国のクレジットカード事情】:一番レートのよい両替(人民元)はコレ!
  • 【旅行や短期滞在(出張)には保険機能のあるゴールドカード】
  • 【中国語を学ぶコツは、、、】
  • 【ニセ札チェック方法】:ニセ札が多いので必見!
  • 【ジャパンレールパス】:中国在住者必見!日本の電車が乗り放題
  • 【海外移住のための準備と心構え】:税金で損しないために!
  • 【最安値の海外格安ホテル予約サイト(AGODA)】:休日の小旅行時、安いホテルを探す方法
  • 【中国生まれの日本人の特権】:中国で出産した場合、必見!
  • 【中国人のマルチプルビザ(同伴ビザ)について】:中国人妻の日本ビザについて
  • 【部下とのコミュニケーション上達法(コーチング)】:仕事上の対人関係対策におススメ
  • 【部下とのコミュニケーション上達法(アドラー心理学)】:仕事上の対人関係対策におススメ
  • 【中国なんでも相談室】:困った時は当ブログ管理者が直接お答えします

  •    ★★初めてブログへ起こしの方へ★★
                      ↓↓↓

  • 【おススメ・ブログ記事集(中国生活おもしろ記事集)】






  • ブログランキングに参加してます
    クリックよろしくお願いします。
         ↓↓↓
    中国生活おもしろ珍道中

    にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
    にほんブログ村

    552.jpg
    プロフィール

    ニックネーム:ぶるー3(すりー)
    住まい:
     ・中国広東省シンセン市
     (かなり普通じゃないかな?)

    お仕事(収入源) 
     ・中国の日系企業で働いてます

    趣味(好きなこと) 
     ・おしゃべり
     (日本語、英語、中国語OK)
     ・海外旅行
     ・映画鑑賞
     ・食べること
     ・テコンドー
     ・愛娘と遊ぶ

    かなり普通じゃない日本人です。

    人気ブログランキング


    Special Thanks
    しょうがっこうをおくる会

    【鈴木正行の在宅中国貿易】

    【リンク集(中国編)】

    【リンク集(アジア編)】

    【リンク集(ヨーロッパ編)】

    ブログ管理者サイト
    【無料情報を紹介してネット初心者でも簡単に報酬を得る方法】

    【酒田五法】

    【中国赴任・中国出張で準備すべきこと/注意点まとめ】

      無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック

      『中国旅行や短期滞在(出張)する方の裏ワザ』
       


      『在宅中国貿易 完結編』
       
            ↓↓↓
     【在宅中国貿易 完結編の説明】


    最安値海外格安ホテル予約サイト 
            ↓↓↓
       【AGODA】

       【AGODA詳細説明】


    最安値海外格安ホテル+エアーチケット 
            ↓↓↓
       【エクスペディア】

      【中国語マスターの極意】
       chinese.jpg
            ↓↓↓
     【中国語マスター極意の説明】


    最近のコメント